AGA薬や育毛剤効果で髪の毛を生やす|NO・MOREハゲ

メガネの男性

クリニックで薄毛治療

医師

中年に差し掛かった男性は抜け毛が増えてきてハゲてしまうことが多くあり、そのような男性の薄毛の事をagaと言います。agaの原因となっているのが、頭皮に発生する男性ホルモンが頭皮に発生するということです。男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが生成されます。ジヒドロテストステロンが毛根に侵入してしまうと、育毛サイクルを乱れさせて髪の毛の成長を阻害します。成長期が短くなってしまいますので、髪の毛がどんどん細くなってやがて抜け落ちてしまいます。また、ジヒドロテストステロンは頭皮の皮脂分泌を促進させる効果がありますので、皮脂汚れが毛穴に詰まることによる薄毛も発生してしまいます。このようなagaの症状は専門のクリニックで治療することが出来ますので、東京などにあるagaクリニックで治療を行ないましょう。
東京などにあるagaクリニックで行われている治療として挙げられるのが、プロペシアなどのフィナステリド薬を使った服薬治療です。プロペシアという薬の主成分となっているフィナステリドには、5αリダクターゼとテスタステロンの結合を阻害する作用がありますので、薄毛の進行を止める効果があります。東京のクリニックではこのようなフィナステリド薬や、頭皮の血行を促進するミノキシジルといった薬も処方されています。また、東京ののagaクリニックでは食生活や生活習慣の指導なども行なっているので、髪の毛に嬉しい生活習慣を送るようにしましょう。